空手道 市川道場 ニュースレポート

冬季審査会・お餅つき

2015年12月20日(日) <奈良市総合福祉センター>

  

2015年12月20日(日)
 この日、奈良市総合福祉センターで冬季審査会とお餅つきを開催しました。
 当日朝から会場に来た道場生たちは緊張した表情で開始を待っていました。整列を終えていよいよ審査会の開始です。全体での基本の審査を終えたあとは上級者と初級・中級者に別れての審査です。緊張もあったかも知れませんが一所懸命それぞれの課題に挑戦し昇段・昇級を目指しました。
 今回は大宮道場の椎木一級が昇段に挑戦し、最後には連続組手も行われました。黒帯に挑戦するものが必ず行う連続組手。もちろん大変な挑戦ではありますが、椎木一級も最後まで諦めることなく戦い抜きました。
 そして審査会が無事に終了したあとには、恒例となったお餅つきを行いました。審査中に準備して下さったお持ちをもらい「いただきます!」お腹もペコペコだったようで、何度もおかわりをしている道場生も多かったです。少しお腹が満たされたあとには、杵を手にして「よいしょ!」の掛け声に合わせて力強くお餅をついてくれました。小さい子も、保護者の方に手伝ってもらいながら頑張りました。つきあがったお餅は急いで丸めていきます。手に粉をつけて丸めていきますが、手じゃなく体中が真っ白になっている子もいました。今回も保護者の方にお手伝い頂いてお餅つきも無事に終えることが出来ました。有難うございました。
 これで市川道場の2015年の行事が全て終了しました。みなさんにとってはどのような一年だったでしょうか。良い一年だった人もそうでなかった人も、来年が今年よりも良かったと思えるように頑張っていきましょう。

inserted by FC2 system